デジタルカメラに欠かせない新亜光学工業の部品!選ばれる理由とは

>

新亜光学工業と特許取得製品

オートアイリスとは

オートアイリスとは、レンズの絞りをオート(自動)で調整して、被写体に対する明るさを適性に保つことで、カメラの撮影能力を一定に保つことを目的としているシステム。極端な露出アンダー・露出オーバーなどによる撮影トラブルを避け、適正露出を保つために、デジタルカメラにも備わっているシステムではありますが、明るさの異なる昼夜を通した撮影を必要とする監視カメラにおいては、欠かせないシステムとなっています。オートアイリス分野における新亜光学工業の強みは、豊富な品揃えでもあります。また、部品製造からすべて自社の体制下でおこなっていることから、顧客の細やかな要求にも応えるこのできるカスタマイズ性の高さでも好評を博しています。

新亜光学工業が出願している特許

現在、新亜光学工業が特許取得のために出願しているのは、「光量調節装置」、「駆動モータおよび光量調節装置」など。日本だけではなく、アメリカ・韓国・中国・ヨーロッパ(EU)という複数の大陸において出願しています。超精密分野とも言われる光学部品や装置の開発は、高い技術力と専門性の高い知識などを要求される分野ではありますが、新亜光学工業が開発した、これらの装置により、デジタルカメラの薄型化やパフォーマンス性が高い赤外線遮断フィルタを提供できるようになっただけではなく、精度の高い駆動モータを持ったデジタルスチルカメラ・ビデオカメラの製造が可能になるなど、デジタルカメラ業界に関わる幅広い分野に、大きく貢献しています。


この記事をシェアする